後悔しない転職をするためのアドバイス

介護職として働く場合、ミドル世代は注意が必要です。「求人が多いから…」という理由で安易に就職すると、トラブルになったり、後で後悔することになりかねないので、しっかりとリサーチをして勤務先を選ぶようにしてください。

ミドル世代が介護職に転職する時は、まず自分の体力を十分に把握しておくことが大切です。なぜなら、入所型の施設は常勤だと夜勤が避けられないので、長時間労働をすることもあり、かなりの体力を消耗するからです。夜勤は夜勤手当がつくので、収入を上げる際には魅力的ですが、体力がないと若い人でも辛く感じるので、ミドル世代は自分の体力面を把握しておかないと身体を壊しかねません。ですから、健康状態などを考えて、無理なく働けるデイサービスやグループホームなども視野に入れておいたほうが良いでしょう。

それから、未経験から介護職に転職する場合は、資格の取得もポイントになります。介護の仕事は資格がなくてもできるものがありますが、キャリアアップや給与アップを見込むのであれば、資格は必須です。そのため、介護職として仕事をした経験がまったくない場合は、まずは入門編の介護職員初任者研修や実務者研修の修了を目指したほうがいいでしょう。介護業界は資格業界と言われるほど、資格の有無が仕事に大きく影響するので、経験ゼロからスタートするときには、資格という武器を身につけておくほうが、転職活動においても、働きだしてからも、有利に働くと思います。