厳しい転職戦線を勝ち抜くために!

企業の状態を考慮したり、自身の将来を見つめ直したりして転職をしようと決意する人は少なくありません。しかし、転職にはリスクが伴い、誰もが成功するとは限りません。若い世代なら、未経験の業界でもポテンシャルを買われて成功することもありますが、年齢を重ねたミドル世代になると、成功させるのは容易ではなくなるでしょう。そのため、ミドル世代が転職をするときには、転職市場の動向をしっかりとチェックしたり、自身の健康管理をしっかりと行い、年齢を問わずに活躍できる仕事に注目することが大切です。

たとえば、転職市場の動向をチェックすれば、求人の多い業界が読み取れるでしょう。たとえば、介護業界や冠婚葬祭のセレモニー業界などは、幅広い年齢層を対象に求人の募集を行っているので、かなり狙い目といえます。しかも、この2つの業界は、これまでの人生経験を仕事に生かすことができます。特に介護の仕事は、資格を取得し、現場で経験を積んでいけば、ミドル世代から業界入りしても、十分にキャリアアップが見込めるでしょう。【参考サイト=ミドル世代の転職を応援します!

ただし、介護の仕事は勤務先によっては、夜勤があったり、十分な人員配置がなされていなかったりするので、応募先は自分の体力やライフスタイルと照らし合わせて、十分に検討しなければなりません。条件だけで転職先を決めてしまうと、「体が持たない」「辛い」といった状況に追い込まれる可能性もあるので、注意が必要です。そのため、もしもセカンドキャリアとして介護業界を選ぶ場合は、まず介護の仕事についてあらゆる角度からリサーチするようにしましょう。